Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このあいだは
もう長~く付き合っている友達との飲み会だったのだけど
・・
あの頃、私は高校生だった。
授業中に詩を書いて回し読みして
そんなんに曲をつけるのが流行って・・
教室のピアノを奪いあって発表したりしてた。
なにがきっかけだったか
親友のMとユニットを作って文化祭デビューをしたんだけど
もちろんその後も活動は教室内に限る・・(笑)
そんな時に私の通う音楽教室でオリジナルコンサ-トなるものの企画があって、私の先生が
「あなた・・お友達となにかやってわよね・・出てみたら?」って
勧めてくれた。
Mと私のオリジナル曲にプロの人がバック演奏してくれて
そんな初めてのバンドの経験に私達はものすごく興奮した。

翌週いつもどうりにレッスンに行くと
いつもどうりの受け付けのお姉さんが
いつもとは違う反応で迎えてくれた。
「あのね~私ねバンドのサークルに入っているんだけど・・
今度そのサークルでコンサートをするんだけど・・
一緒に出てくれないかな~・・・」
そんなんがきっかけで
荻窪のスタジオをに行く事になった。
当然Mも誘った訳だけど
夢中な彼に反対されて・・だったかな・・
とにかく私一人がそのお姉さんと一緒に行った。

スタジオのドアを開けたら
そこは雑誌で見るようなおしゃれな若者で溢れていて
さえない女子高生の私はとっても煤けてた。
大波にさらわれないように
必死でドアノブを掴んでいたのだけど
「さ~早速演ってみて」ってピアノの前に連れて行かれた。
その時はそれから私が青春の全てを捧げてバンド活動することも
あの時に出会った雑誌でみたような若者だった人達とこんなにも
長く生涯にわたって付き合う友人になる事も想像してなかった。

縁って不思議だと思う。
あの日、荻窪のスタジオに私の相方のMが一緒にいたら
もしかしてあのステージに登ったのは
私じゃなくてMだったかもしれないのだ。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

うたらば

?

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。