Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の整理

音楽療法で
本当に病気を治したりするのかはわからないけど
聖路加病院のあの有名な日野原先生は
末期ガンの患者の痛みを和らげる作用があったという
ご自分の体験や、様々な研究に基づいて音楽療法の推進をしておられます。たしか99才現役。
私も音楽療法の勉強をしていて
近所の病院や特別養護老人ホームなどで音楽療法的なことを
何度かさせて頂いて感じたことは
聴く人の心を揺さぶる音楽は
まず演奏する人の心を揺すぶらさないとできない、という事。
そして楽器などをさわったことのない人にも
「演奏する」ことで素早く達成感をあたえることができるということ。
その達成感は自分を癒し元気づける。

右半身不随で失語症のあったwさんは
最初じっと睨みつけていた。
動く手に小さな手作りシェーカーを持って貰って
お年寄りみなさんでリズムアンサンブルを毎回していたけど
wさんは最初さわりもしない。
2回目・・・持ってくれたけど動かさない。
3回目・・・リズムに合わないながら小さく振ってくれた。
思わずセッションが終わってから
「wさんお上手ですね・・」と声を掛けた。
その次の会から私が行くと左手をあげて合図をくださるようになった。
毎回みなさん一人一人と握手をして
「たのしかったですか?」とか「お疲れではないですか?」と
声をかけるのだけど
ある日wさんにいつものように「たのしかったですか?wさん今日もお上手でしたね」と声を掛けると
「そんなことないよ」って笑っておっしゃった。
笑ったのも声を出したのも初めてだった。






音楽は聴く人のためにある。
以前そう書いたけど
言葉足らずだ。
聴く人の心に響くのは
自分の心を揺らして演奏したからだ。

それは陶酔するってことじゃなくて・・・
難しいな・・・なんて言おうか・・。

自分の心の振動が聴く人につたわるってことが言いたいのだけど・・・。
もっと抽象的になっちゃったw。

自分も感じて人も感じさせることができるのが音楽だと
すごい究極なこと言ってるねぇ・・・えへへ。
心の整理終了。










で・・・
ここで本当に書こうと思った事は・・・・





えー近々
ちょっとしたオーディションに参加しようと
今、ピアノすごい練習してる。
だって・・・
なにか始めるのに遅いって事はないじゃん?


「あ~」だの「う~」だの「精神安定剤飲む~」だの
うるせえ母親に
息子はトントンしながらこういった
「だいじょうぶだいじょうぶ・・
誰にも言わなきゃだいじょうぶ」。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

ご案内

うたらば

?

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。